大阪写真月間2022「写真家150人の一坪展」の募集を開始します。
本年もキヤノンギャラリー大阪、αプラザ(大阪)ギャラリースペース、ニコンプラザ大阪THE GALLERY、富士フイルムフォトサロン大阪の4会場にて開催の予定です。

本展は、継続した作家活動をしている写真家、写真を表現手段にしている作家、作家を志向している人、写真を通して表現とは何かを語りたい人たちの”今”を紹介するものです。テーマは特に設けず、また抽選によって展示会場を決めることで様々な作品群を一堂に会し、写真の芸術性を高め、写真文化の発展、活性化をはかることを目的としています。

「写真家150人の一坪展」の特色は、写真を表現手段として作品を制作している人なら、作品内容や方法はもちろんのこと、年齢、性別、国籍、職業などに関係なく参加できるところにあります。また展示するギャラリーや壁面の場所も抽選で決定します。つまりいっさいの審査や選別は行いません。写真展にポリシーやテーマを求める方からは、この何でもありの写真展に、「展としてのポリシーがない」とのお叱りを受けることもありますが、80歳を超える超ベテラン作品の横に、孫のような18歳がはじけるような写真を並べる、そんなお好み焼き的「ごちゃ混ぜ感」が本展の魅力であると考えています。

大阪写真月間2022「写真家150人の一坪展」会場
キヤノンギャラリー大阪 5月31日(火)~6月4日(土)
10:00~18:00
(最終日15:00まで)(日曜休館)
〒530-0005
大阪市北区中之島3-2
中之島フェスティバルタワー・ ウエスト1F
06-7739-2125
αプラザ(大阪)ギャラリースペース 6月4日(土)~7月1日(金)を3会期に分割予定
11:00~20:00
(最終日は17:00まで)
〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-22
ハービスENT4F
(ソニーストア大阪内)
06-6344-5410
ニコンプラザ大阪 THE GALLERY 6月16日(木)~6月29日(水)
10:30~18:30
(最終日は15:00まで)(日曜休館)
〒541-0059
大阪市中央区博労町3-5-1
御堂筋グランタワー17階
0570-02-8080
富士フイルムフォトサロン大阪 5月27日(金)~6月2日(木)
10:00~19:00
(最終日は14:00まで)
〒541-0053
大阪市中央区本町2-5-7
メットライフ本町スクエア
(旧 大阪丸紅ビル)1F
06-6205-8000

写真家150人の一坪展 2022年募集要項

1. 作品規定

●テーマ、内容は自由。但しその作家の責任において発表できるものとし、被写体の肖像権の他、管理、所有権等について問題が生じないものとします。肖像権の問題等が発生した場合、出品者の責任で対処願います。実行委員会はその責任を一切負いません。また公序良俗に反するもの(ヌードは不可)、実行委員会が不適当と認めた作品は展示をお断りすることがあります。

●展示会場及び壁面は抽選により決定します(抽選日は3月中旬予定)。1人1壁面で幅1.6〜最大1.8mまで、天地2m程度で、左右の展示との間隔を20cm程度あけて展示します。壁面の長さや天井高は同じ会場でも割り当て場所によって異なります。

●作品のサイズや点数は、その作家の表現性に基づきますが、抽選によって割り当てられたスペースを充分に活用するよう考慮してください。作品によって極端に壁面が余る場合には会場全体の展示効果を考慮して作品の移動をお願いする事があります。また割り当てられた壁面が大きくても作品の幅は1.8mを超えないようお願いします。多少大きくても何とかなるだろうと考えないでください。

作品は原則として壁にかけられる形状のものとし、立体作品は不可。また壁に釘を打って作品を掛けられるタイプの額を使用してください。額のヒモ吊りは不可とします。αプラザ(大阪)ギャラリースペースでの額の飾りつけは、マグネット式フックを使った展示方法になります。なおギャラリーを傷める可能性のある展示方法は厳禁です。大型の釘や木ネジは壁面を痛めるため、細いもの(直径2mm以下)をお使いください。また、糊が残る両面テープによる直貼りは禁止です。直貼りする場合は虫ピンやプッシュピン、パーマセルテープをお使いください。額装をする場合、破損のおそれのあるガラスの使用は避け、アクリル板を使用してください。

●開催期間中の作品の汚損、破損、損失、盗難について、実行委員会はその責任を一切負い兼ねますのでご了承ください。

●展示に関するご質問等は大阪写真月間事務局までFAX、メールでお願いします。各ギャラリーにお問い合わせいただいても判断できません。

2. 搬入搬出について

●コロナウイルス感染状況に応じた適切な搬入・搬出を行っていただきます。

●搬入搬出はギャラリーごとに決められた日時に作家本人が直接行ってください。作家本人の都合がつかない場合は代理人をたて、代理人の責任において搬入・搬出を行ってください。やむを得ず本人・代理人が搬入搬出に参加できない場合は搬入1500円、搬出1000円で大阪写真月間事務局が代理対応します。搬入を依頼する場合は、搬入前々日までに大阪写真月間事務局まで宅配便でお送りください。搬出を依頼する場合は宛名記入済みのクロネコヤマト着払い伝票をご用意ください。なお、事務局での代理対応時における作品の汚損、破損についてはその責任を一切負い兼ねますのでご了承ください。また、作品を直接ギャラリーへ郵送する事や、事前に保管を依頼する事は堅くお断りします。

●搬入開始時間10分前までには各ギャラリーに直接集合し、1時間程度で搬入を完了させてください。遅刻、急な出展取り止め等は、展示会場や他の作家に多大な迷惑をかけますので、くれぐれもご配慮ください。やむなく遅れる場合は必ずギャラリー担当まで連絡を入れてください(ギャラリー担当については抽選会でお伝えします)。

●作品の梱包材は会場でお預かりできます。

3. 会期中について

●展示期間中、交代制での会場当番をお願いします。

●展示会場に、個人的に用意した感想ノート、名刺等を置くことはできません。

●会場内での飲食・喫煙はご遠慮ください。

●会場への祝花・お届け物などはご遠慮ください。

会場内での写真撮影、SNS等への投稿はOKとします。
ただし、来場者の写り込みにご配慮ください。作品の複写撮影、フラッ シュ、ライト、三脚の使用は禁止です。

4. 参加費について

一般10,000円 学生7,000円(学生証コピー添付)。
参加費は2月10日までに指定口座へお振込みください。

【ゆうちょ銀行】
店名〇九九(ゼロ・キュウ・キュウ) 当座預金 口座名:大阪写真月間(オオサカシヤシンケ゛ツカン)、口座番号:0078865

【郵便振替】
口座名:大阪写真月間、口座番号:00940-6-78865

●振込の手数料はご本人負担となります。(ゆうちょの専用振込用紙は廃止しました)

●参加費のお振込は期日厳守でお願いします。期日までに入金がなければキャンセル扱いになります。

●申し込み時点で、搬入搬出を事務局へ依頼することが決定している場合は、その代金を参加費と一緒にお振込みください。

●一旦ご入金いただいた参加費は原則的に返金できません。

●ご入金が確認できた方よりWEBサイトの参加者リストにお名前を掲載します。

【重要】
・ご入金いただいた方よりWEBサイトの参加者リストにお名前を掲載します。
・定員になり次第募集を打ち切ります。
・参加費のお振込は2月10日(木)厳守でお願いします。
・二次募集での応募の場合は、参加費はお申し込み後1週間以内にお振込みください。

写真家150人の一坪展 2022年お申し込み

    ■お名前 (必須)

    ■フリガナ (必須)

    ■作家名

    ■郵便番号 (必須)

    ■住所 (必須)

    ■電話 (必須)

    ■メールアドレス (必須)

    ■性別

    ■年齢

    ■種別 (必須)

    ■学生の方は学生証画像を添付して下さい(写メ可)
    (ファイルサイズは5Mバイトまで、ファイル名は半角英数字で)

    ■参加は今回が  (必須)

    ■勤務先または学校名

    ■所属団体・グループ

    ■ご質問など